もう1つの可能性 -自営的キャリア-

キャリア・人生・旅・恋愛を軸に、人生のおもしろみを提案するブログ。

瀬戸内寂聴(93)が病に倒れた時に発した、衝撃的な一言とは?

なにげなく「瀬戸内寂聴を500日密着」というテレビ番組を見ていて

印象深いコメントがあった。

 

ガンで入院後、静養しているときに

瀬戸内寂聴が漏らした言葉。

 

「何も生産しないで、ただただ寝ているという状態が、こんなにツラいなんて。」

 

f:id:moriakiko0119:20151123003951j:plain

(※瀬戸内寂聴は90歳を過ぎても小説を書き続ける。そして肉をたくさん食べていた…) 

 

これまで私は

瀬戸内寂聴について特別な思い入れというのはなかったのだけど

この言葉は頭にガツンと衝撃がきた。

 

数百冊の本を出しても、まだ小説を書きたいと。

何かを生産したいと。

93歳ですよ。

 

「これで十分」ということはない。

隠居が必ずしも幸せと言うわけではない。

 

でも、

食べて寝て…というだけでも

そうやって長生きしているだけでも

十分価値があると私は思う。

 

彼女はこれまでたくさんのものを生産してきて、

生産することが普通になっているから、

生産しない自分が耐えられない。

 

いま仕事を頑張っている人の中には

「将来、仕事をしなくても良い状態になるため」という目的を持つ人もいると思う。

 

それは正でも悪でもなくて、

自分の心が素直に反応するモチベーションを認めたほうがいい。

 

そこに到達してみた時に、

新たな景色が見え、新たな欲求が湧いてくるのだと思う。

 

 

あなたが仕事を頑張る理由はなんですか?