もう1つの可能性 -自営的キャリア-

キャリア・人生・旅・恋愛を軸に、人生のおもしろみを提案するブログ。

【宣言】32歳。このスキルを取得すると決めました。

32歳になりました。

 

私はあんまり「成長!成長!成長!!!」というテンションに興味ないし(あれってだいたい組織側の都合なので)

資格マニアでもスキルアップ中毒でもないんですが

久しぶりに、これは是非とも取得したいというスキルを見つけました。

 

それは

英語力でもなく

ロジカルシンキングでもなく…

 

 

 

 

にこにこぷん」。

 

f:id:moriakiko0119:20160120224629j:plain

(※この写真に懐かしさを覚えたあなたは昭和生まれ)

 

 

じゃじゃまる、ぴっころ、ぽーろりー♪

 

ちなみにぽろりはフリーザ様と同じ声ですね。

…と、それはよくて。

 

 

スキル「にこにこぷんとは、

友人の「戦略的ワーキングマザー」アサギから教えてもらった恋愛上のスキルです。

 

 

モテるほうのスキルではなく

良い関係を持続するほうのスキルです。

 

どんなスキルかというと…

 

彼氏・夫・パートナーに対して、

要望(もっと言えば改善要望)を

ブリッコしながら、

にこにこ、ぷんぷん伝えるという

 

(私にとって)とてつもなく難易度の高いスキル…!!!!!!!

 

彼氏が

意味わからないこと言ってきたり

ものすごく配慮のないこと言ってきたときに

 

やはり「はぁ!?」と思う時はあるわけで

 

突然ヒステリックに怒り出すことはないものの

「んー?それってどういうことー?」と聞いている時の

目が笑っていないのはこの私です。

 

しかし、友人アサギが言うには

どんなに「はぁ!?」と思うようなことも

どんなに「私の事が好きで、その行動って果たしてありえる?」と思うようなことも

 

ラブラブ夫婦を運営できている妻というのは共通点があって

 

「もーーーーバカバカ♡」とか

「◯クン、また◯◯してなかったよー(涙)」とか

「◯◯してくれたら嬉しいな♡」とか

「◯◯してくれたんだあー♡ありがとー♡」というテンションで要望を伝えているという話を聞き

 

それは本っ…当に尊敬するし

それは本っ…当に難易度が高いぞ…と感じた。マジで

 

しかし、その行動に効力があるのはなんとなく理解できる。

頭では…

そう、頭では…うぐぐ

 

友人アサギいわく

そのような可愛らしい態度で改善要望した時のほうが

男性は聞く耳を持つので

実際のところ要望を聞き入れてもらいやすいとのこと。

 

「彼のためじゃないよ。自分たち2人のためだし、なんなら森ちゃんのためだよ」と。

 

 

 

 

何ですか、この 

底知れぬ納得感。

 

ということで

納得しないと石のように動かない私ですが

今回、深く納得しましたので さっそく柔軟性を発揮しまして

今日から鍛錬したいと思います。

 

 

33歳の時の彼氏(もしくは旦那)、楽しみにしててね!