読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう1つの可能性 -自営的キャリア-

キャリア・人生・旅・恋愛を軸に、人生のおもしろみを提案するブログ。

友達に恵まれすぎてコンプレックスMAXになる人①

友達についての悩み

 

先日、大好きな男友達が帰国したということでランチした。

彼が帰国すると聞けば真っ先に予定をおさえるし

会う日まで、何の話をしようかワクワクするような男友達。

 

最初に出会ったのは20歳ぐらいの時だけど

今もずっと好きな友達。

 

その男友達が、デザートをぱくぱく食べる私に

珍しく神妙な顔で、こんなことを聞いた。

 

「あのさ、森ちゃん。変なこと聞くんやけど…森ちゃんは、なんで俺と会おうって思うの?すごい忙しくて友達も多いのに、なんで俺との時間をとってくれるの?」

 

その瞬間、私は全てを悟った。

この男友達が言っていること、全部わかる。

なぜなら、この男友達が言っていることは、私が先月言ったことと全く同じだったから。

 

f:id:moriakiko0119:20160309203008j:plain

 

 

「類友」説。あると信じたい。

 

全然まったく、「類友」になる気配が皆無なんですけど………

 

これがちょっと前の私が感じていたこと。

ちょっと前っていうのは、数年前とか去年とかいうレベルじゃなく、先月。(笑)

 

「類友」って言うじゃないですか。

「一緒にいると似てくる」とか。

「いつも一緒にいる友人の平均が自分だ」とか。

 

すごくもっともらしいと思うし、そうであってほしかった。

 

なんだけど、そんな気配がちっともちっとも訪れない。

自分だけが止まっていて、友達ばかりが先に行っているような感じ。

全然まったく、「類友」になる気配が皆無なんですけど。

 

私はどんどん焦っていった。

 

 具体的にはこういう感じだ。

 

 

 

 

続く