読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう1つの可能性 -自営的キャリア-

キャリア・人生・旅・恋愛を軸に、人生のおもしろみを提案するブログ。

営業の話。お客様が先生。

今日、営業施策の打ち合わせで
とあるお客様に500万円ぐらいのお見積書を出したんだけど

 

いちおう平均単価50〜70万円ぐらいの商品なので
私が多少遠慮してるのが分かったのか

 

「あのね森さん。こういう時は、
『500万円って、営業1人雇うぐらいの値段ですよね。でもこれは人間の営業と違って風邪も引かないしグチも言わないし最高の営業マンですよ』
って言うんだよ。」

 

「『担当者の名刺1枚獲得するのに10万20万かかってるでしょ?この施策で何枚の名刺を獲得できますか?』
って言うんだよ。」

 

まさかの営業レクチャー!(笑)
メモる私。

 

営業部長への営業というのはかなり手強いけど(テクや裏が全部バレるから)
ちゃんとやってると、
正面から関わってくれる。

 

「最初からこの金額だと決裁が面倒だから、初回はミニマムにやって結果出して、次から大きくやろう。
初回予算はどこか引っぺがしてでも持ってくるから。」

取引するために一緒にがんばってくれる。

 

営業しにいって
営業教わって
受注もいただいちゃうとは、私って贅沢な奴だ。