もう1つの可能性 -自営的キャリア-

キャリア・人生・旅・恋愛を軸に、人生のおもしろみを提案するブログ。

ナメンズ(ナメたメンズ)とモテない女子の攻防について

友人の小田桐あさぎが相変わらず面白い記事を書いていて、

今回はナメたMENS、略して「ナメンズ」とどう対峙するかという内容。(ナメンズって…!すごいネーミングだ笑)

 

ナメンズは例えばこういうことをしてくる。

 

男「来月の空いてる日、教えて〜」
じぶん「来月は12日と14日なら空いてますよ〜(*^^*)」

ー 既読スルーのまま2週間近く連絡なし ー

男「返事遅くなってゴメン!12日はどう?」
じぶん「(いやもう前日ですけど)」

 

ここであさぎにすごく共感したのは
女性の対応として大事なのは
追わない、責めない、余裕を持つ。略して「お・せ・よ」だということ。

 

私もちょっと昔までは「お・せ・よ」皆無。
モテない街道まっしぐらだった。

 

上記のような流れだった場合、以前の私がとっていた行動はこんな感じ。

 

【Before】

1,12日と14日を空けておく。他の予定を間違って入れてしまわないよう、「(仮)◯◯さん」等のタイトルでカレンダーに入れておく。

2,連絡を待つ。

3,願掛けのように予定を眺める。確定した予定のように眺める。(←書いてて悲しい)

4,「全然連絡ない!ていうか結局いつ!?」と、予定がFIXされないことにイライラし始める。

5,-a「結局それでいつにするんでしたっけ???」とイライラMAXな状態でこちらから連絡する。絵文字はあまり笑っていない。

5,-b先方から当日もしくは前日遅くに詳細連絡が来て、ムカムカしながら会うことになる。なんなら一言いう。

5,-c「あーごめんちょっと都合悪くなった!」という先方の簡単な一言によりその日の予定が空白になる。モーレツに暗い気分でその日を過ごす。

 

なんだか泣けてきますね…
待つエネルギー激しいし、これじゃナメられるよねっていうか…

 

それで今はどういう感じかというと

 

【After】

1,12日と14日を空けておく。他の予定を間違って入れてしまわないよう、「(仮)◯◯さん」等のタイトルでカレンダーに入れておく。

2,日常を過ごす。

3,先方からのFIXがないなーということに気付く。

4,予定削除ラインを自分内で決める。「◯日前の◯時」、など。先方には特に通知しない。

5,規定のラインになったら自主リリースする。カレンダーからも消す。

6,他の人からの誘いが来て、それが12日や14日でも、行きたければもちろん参加と返答。

7,無性に会いたい人がいれば、自分から連絡することもある。

8,-a当日なり前日なり、先方から詳細について連絡が来た場合、既に他予定を入れてしまった場合は「すいません、難しいのかなと思って他の予定入れちゃいました!また改めて設定しましょう♪」と返す。

8,-b当日なり前日なり、先方から詳細について連絡が来た場合、予定が空白だった場合は、行きたい気分だったら行く。もちろん責めたり怒ったりはしない。予定通りフツーに楽しむ。気が乗らなければ、「すいません、◯◯◯◯◯(←適宜設定)また別途!」と返す。しかし後者の場合は再設定の可能性は薄い。

8,-c先方から連絡がないまま当日が過ぎた場合、いったん存在を忘れる。忙しすぎたのかテキトーに扱われたのか携帯失くしたのか、理由は分からないので考えない。ヨガなり腹筋なり映画なりマンガなり長風呂なり家族団欒なりで楽しい1日を過ごす。

 

これを書いてて
数ヶ月前、ビジネスごりごりの某先輩のアドバイスを思い出した。

 

先輩「未来はどうなるか分からないだろ?」

森「分からないですね」

先輩「未来はコントロールできないだろ?」

森「できないですね」

先輩「でも唯一、自分でコントロールできるものがあるんだよ。なんだと思う?」

森「???」

先輩「撤退タイミングだよ」

森「撤退タイミング…」

先輩「どういう状況になったら自分は降りるか、それだけは自分で決められる。それだけは確実。損切りってやつだ」

森「損切り…!」

先輩「早いタイミングで損切りの基準を決めろ。そして淡々とそれに従って撤退する。人間の心は弱いからな。状況に引きずられそうになってもその基準は絶対守る。感情を入れずに、淡々と。」

 

そう、相手のことはコントロールできない。
未来は読めない。

 

相手に期待して、ただ単に待つだけの過ごし方は
掛け金がなくなるまでベットし続けるカジノのようなもの。

 

感情が荒れる前に撤退タイミングを決めて、淡々と行動する。
図らずも私は、知らず知らずのうちに損切りしていたのであった…
 
 

あさぎのナメンズ記事↓

ameblo.jp