もう1つの可能性

人生のおもしろみを提案するブログ。

最近の新卒採用は学生がチヤホヤされすぎて「入社後のギャップ」がすごそうだ。と思ったらやっぱりそうだった。

こんな記事があった。

 

やっぱり。思った通りだ。

 

人事をやっていると、就活戦線の危うさを常に感じる。

 

今や新卒採用はデッドレース。

1人でも優秀な学生を採用できるように、どこの企業も必死だ。

 

新卒採用に関わっていない人はご存知ないと思うので
いま、新卒採用がどんなことになっているのかお伝えしたいと思う。

 

一部の大手企業・人気企業を除いて
内定を出した学生の半数は辞退すると言われている。

 

じゃあ内定たくさん出せばいいじゃん、と思うかもしれないが
レベルを下げてまでは欲しくない、という企業側の都合もあり。

 

結果的に、あるライン以上の学生をたくさんの企業が寄ってたかって取り合う様相になっており

そこにビジネスチャンスを見出す人材系企業が様々なイベントやサービスを提供していることもあって
リクナビマイナビに掲載していれば学生がワンサカ応募来るという時代は、とうの昔に終わった。

 

 

あれやこれやで学生を引きつけようと企業の人事は大変だ。

 

最近の学生が企業に魅力を感じるポイントについて


「自己成長」
「やりがい」
等も、もちろん挙がるものの

 

驚くことに
「自分に興味を持ってくれた」
「自分を認めてくれた」
を理由に挙げる学生も、かなり多い。

 

 

とあるスカウトサービスを利用するにあたり
営業担当の方に「上手く活用するコツ」を聞いてみたところ、こんな答えが返ってきた。

 

「最初に『あなたをスカウトした理由』を、最後に『一日を通して感じたあなたの魅力』を伝えてあげると学生は志望度が高まります」

 


・・・・・・マ、マジか。

 


一事が万事こんな感じなので、

人事は事あるごとに学生を呼び出しては

自社にとってどれだけ有望な幹部候補なのかを説き、

不安があると言われれば払拭のために人事面談やリクルーター面談を設定し、

「やりたい仕事」が叶う可能性を示唆し、

インターンシップでは「企画色」の強い「自分らしさ」を発揮できる仕事を体験させる。

 

f:id:moriakiko0119:20180515225351j:plain

※なんだかね。

 

 

 

こうやって、蝶や花やと「おもてなし」が続くわけだが
こんな「お客様対応」も、ある日突然、終焉を迎える。

 

 

 

 

       4/1である。

 

 

 

入社するまでは「お客様」であった内定者も
入社した瞬間「新入社員」になる。

 

 

組織の1番下に入り、仕事の基礎や社内の暗黙ルールを叩き込まれる。

「企画色」の強い仕事はなりを潜め、300件のリストを渡されてテレアポをする。

会社によっては駅に立って道行く人と名刺交換してこいと言われる。

 

「自分らしさ」を発揮するための仕事を新人のために準備されることはなく、
与えられた仕事の中で「自分らしさ」を見出すしかないことを知る。

 

ダイナミックでクリエイティブと思い込んでいた仕事のほとんどは
分割して1人1人に割り振られた際には、スーパー地道で単調な仕事なのだと知る。

 

選考で会ってきたキラキラしたリクルーターや人事
大きな会社の中の、ほんの一握りの人種だったのだと知る。

「人」で決めたのに・・・

 

古い時代の上司は
「分からないことがあれば自分から聞いてこい」
「人の技を見て盗め」
OJTという名の放置。

 

あんなに優しくしてくれた人事は
次年度の採用に奔走していて、それどころじゃないという状態。

 

 

双方がギャップを作り出している状態の中で

「こんなはずじゃなかった」とショックを受ける学生がいてもおかしくない。

 


企業間の新卒採用バトルがヒートアップするにつれ
学生の「入社前の期待」が大きく大きく膨らむのを見ていると

 

割れる寸前の風船を見ているように、危うい気持ちになるのだった。

 

 

 

 

 

おすすめ記事

 

  

 

 

以上です!

 

 

 

 

私に大した才能はない。それに気付いたから、カッコいい稼ぎ方にこだわらない。

堀江さんや、サイバーの藤田さんや、ZOZOの前澤さんのインタビューを読んでいると
もう本当に、本物の経営者っていうのは、自分のお金を増やすことなんかに興味がないんだなって分かる。

 

興味なんて持たなくても毎月じゃんじゃんお金が入ってくる仕組みを作ってるから、っていうのもあるんだろうけど
それにしても、お金そのものへの興味のなさよ。

彼らたぶん、せこせこ資産運用なんてやってない。

 

うわずみのうわずみの経営者っていうのはたぶん、
世界を変えることや
世界に何かを投げかけること、
見たこともないものをこの世に表すこと、

 

文字通り、爪痕を残すことが自分にとって本当に楽しいことであって

自分に圧を加えて、頭をひねって、挑戦し続けることこそが
喜びであり歓びであり悦びなのであって

彼らたぶん、銀行口座をニマニマ眺めたりしてない。

 


なんてカッコイイ生き方だろうと思う。

 

でも私は、そういうのはたぶんできない。

 

せっかく入ってきた売上を全部まとめて、次のビジネスにオール・イン!
はらたいらに全部!(古)
みたいな、頭のネジぶっ飛んだ行動はできない。

 

私には
時価総額」も「M&A」も「長者番付」も「文春」も笑、
たぶん一生、縁がない。

 

それはちょっとだけ、悲しいことだ。

って、こんなこと言ってたら

「あなたは誰にでもなれる!夢を諦めるな!想像したことは全て叶う!」と誰かに怒られるかもしれない 笑。

 

でも私は、
「明日本気出せばスーパーマンになれるかもしれない自分」を妄想し続けて
高すぎる目標を掲げて、玉砕して
キラキラでキャピキャピな人生を夢見て
一攫千金を狙って
時間やお金を、投資風の浪費に注ぎ込むのは、もうやめた。

 

結局、手元に何も残ってないことに気付いたから。
(少なくとも、目に見えるお金に関しては)

 

経営者という肩書き
自社サービス
バイアウト
上場

 

そういうものを実際に手にしている人が、私の周りには何人もいるけれど
もうね。

彼らの、ビジネスに注ぎ込むエネルギーと言ったらハンパない。

 

努力と情熱と才能がすべて揃ったハイパーな人たちが、ドラゴンボールのように空中で戦っているのだ。

私はそこまでビジネスに注ぎ込めない。

 

睡眠が好きすぎるし、
花金が好きすぎるし、
デートが好きすぎるし、
旅行が好きすぎるし、
家族が好きすぎる。

 

ある時、
「遊ばず、寝ずに、365日働くのを5年ぐらいやれたら、けっこう良いところまでいけるよ」と
会社をバイアウトした先輩に言われた。

 

きっとそうなんだろうなあ。本当にそうなんだろうなあ。と思いつつ、


私は好きな人のために週末に着る服をずっと選んでいるような時間が好きだから
好きな人のために3軒も4軒もまわってプレゼント選ぶような時間が好きだから
たぶん、一生無理なんだろうなー。
って思う。

 

中途半端にストレス抱えて
中途半端に大物に憧れてた私。

 

ふと気付けば、貯金とか資産とかいうものは全然なかった。
30歳も過ぎてるのに、どうなのこれ?
なんか、自分ダサ!!!ってめちゃくちゃ思った。

 

あ、でもこれ、ネガティブに落ち込んでるわけじゃないのよ。


自分の立ち位置を正確に知るってことは、

次の打ち手を考える上で強力な材料。

 

自分より優れた人との差に凹むっていうこととは、全く関係ない。

 

f:id:moriakiko0119:20180514204910j:plain

※大事なのは、自分の立ち位置を知ること。(↑立ちポーズ)

 

 

 

「あー無理なんだな」って分かってからの私は、
それなりのやり方に切り替えた。
弱者の戦略ってやつだ。(カッコよく言うとね)

 

地味だし全然カッコよくもないけど、それでいいと開き直った。

 

 

 

気付いてからの約4年は・・・

 

ビジネスでもなんでもない。
単なる労働。完全なる労働階級。笑
時給☓時間の計算式を地道にひたすら積み上げた。

 

仕事は受注メイン。

オンリーワンでもなんでもなくて、代わりはたくさんいる。
でも選んでもらえるように、「また次」と言ってもらえるように、大事なところだけは絶対外さないように気をつけてきた。

 

 

やめたことでいうと、

「自分に投資」「学びに投資」の言葉に酔って大金を注ぎ込むのはやめた。
旅行も、安い時期に行けないなら翌年にチャンスを回した。
30万円やら100万円やらって、けっこう大きい金額じゃない?ってことに(やっと)気付いたから。

分割にしなきゃ買えないようなものは買わない方がいい。(持論)

 

ストイックになりすぎず、適度に無駄使いもしながら
この4年は、収入の1/3以上は必ず運用に回している。

 

はい、そうです。

本物の経営者ならやらない、チマチマとした資産運用ですよ。笑

 

複利に励まされながら、
口座をニマニマ眺めて、
・・・って、自分の小ささに笑えてくるけど、

 

小さな私の、小さなお金の塊は、だんだん大きく育ってきた。
ある程度まとまったお金が育ってくると

なんか気持ちの余裕出てくるし、
人に優しくなれるし、
あれもこれも欲しいという風にはならないことが分かった。(でも欲しいものは絶対欲しい)

 

別にキラキラに見せる必要もないから、
GUでもユニクロでも全然恥ずかしくないし、
えいやっ!という買い物が確実に減った。

 

 

さて、まだ道半ば。

この、地味でなんのドラマもない稼ぎ方で、私は私を幸せにできるのか?

 


答え合わせは、もう少し時間が経ってから。

 

 

 

以上です!

 

 

 

この記事が面白かった人へオススメ。かも?

 

 

8,000人中 TOP10 を目指して「ダメでした!」と笑う親友が誇らしい

先日、親友の「感謝の気持ちを伝える祭」に参加させてもらった。

 

私の親友はジブラルタ生命ゴリッゴリの営業マンをやっていて
毎年、顧客を集めて感謝を伝えるという会を開催している。(私は彼女の顧客であり応援団だ)

 

朋世の顧客には私の友人も多く、

ちょっとした同窓会的な要素もあり、こういう機会がないと会えない人もいるので

開催してくれるのは実はかなりありがたい。

 

f:id:moriakiko0119:20180507212215j:plain

※ほぼ同年代の我ら

 

 

ちなみに全くの余談だけど

参加費は無料。(なんなら友人1人まで連れてきても良い)
飲み放題もついたランチコースは全額、彼女の自腹だ。
ざっと計算しても20万円はくだらなかった…ゴクリ(こういうお金の使い方をしてみたいものです)

 

朋世アンバサダーという、彼女のファンクラブ的な集まりがあり、
そのメンバーが会の運営を支えている。
善意が集まったらこうなりましたというような会で、駆け回る姿が微笑ましい。

 

親友は管理職から久しぶりにプレイヤーに戻ったということもあり
営業をやりたくてやりたくてたまらなかった彼女の気合いは、その華奢な体中にみなぎっていて

 

「2018年度は社長杯を獲る!!!」と宣言していた。

 

私は社長杯というものが最初はよくわかっていなかったが
なんと全国のジブラルタ営業マン8,000人中 TOP10 を狙うというとんでもない賞だ。
ジブラルタの営業マンとなれば、各業界でMVPを獲りまくって引きぬかれてきた猛者ばかり。


そんな中でTOP10…

 

たかだか300人ぐらいの組織で、棚ボタ半分で1位を取って「MVP獲ったことあります」とか言っていた自分が恥ずかしすぎて死ねる。
(棚ボタでも、ないよりは良かったけど笑)

 

 

謙虚で勉強熱心で目指すレベルが高い彼女はいつも
「すごいね」「頑張ってるね」と私が言っても
「全然」「普通のことを普通にやってるだけだよ」と健気すぎる瞳で返してきていたのだけど

 

その彼女が、社長杯ラストスパートの時期は

「最近どう?」という私の問いに対し

「死ぬほど頑張ってる」と言っていた。

 

あの彼女が、…死ぬほど頑張ってる…だと…?

たぶん凡人だったらとっくに死んでるレベル。←

 

一生営業マンでいたくて、一生お客様の担当でいたくて、今の仕事を始めた彼女。

 

営業が好きで好きで、お客様が好きで好きで、
鬼のような時間管理術を駆使しながら
法人・個人に営業研修を行いながら(しかも法人は無料)
天職である営業の仕事をしている彼女。

 

そんな彼女の2018年度社長杯の結果は…


惜しくも27位。

 

いや
8,000人中 27位って!!!!!!

 

すごすぎるわ。

800人中 27位でもだいぶすごくない?←

 

誠実な彼女は
「皆に目標を宣言してたんだから、結果もお伝えしないと」と
(本当は不本意だっただろうに)きちんと最終結果を報告していた。
そういうところが朋世らしいんだよね。

 

10位を目指して27位だった場合、
それは結果だけ見れば未達だ。
「残念な結果」かもしれない。

 

でも、
8,000人中 TOP10 を目指しているような人は
少なくとも私の周りにいない。

 

私自身、そんな大きな目標はないし。

 

もし自分が親友の立場だったら…
きっと27位だって相当(数千万円…)稼げるんだし、もうそれで十分と思っちゃう。笑
まあ、そんなスタンスの人は27位なんて獲れないと思うけど。笑

 

盛大に目標宣言して
盛大に外した彼女を、
そんな大きな目標を全力で追いかけている彼女を、
私は誇らしいと思う。

バリキャリに見えて(?)私はゆるキャラなので…笑

 

超ポジティブかつ超謙虚な親友は
「まだまだ未熟だということが痛いほど分かったので、これからも精進して頑張ります!」とのこと。

 

感謝祭を何十年と続けることで「社会のセーフティネット」を形成したいという彼女。

 

どこまでも澄んだ志を掲げる親友を、

影に日向に、応援したいと思う。

 

f:id:moriakiko0119:20180507212302j:plain

※姉妹によく間違われますが血はつながっていません

 

 

 

 

はい。

親友へのラブレターでした。笑

 

 

 

 

以上です!

 

地道で(ちょっとイバラな)道のりには、友が必要だ。

友って、

「共に歩く」から来てるんじゃないだろうか。

 

なんて考えた春の夜。

 

何か、確固とした、そう簡単には崩れない、

常に幸せを感じられるようなものを

イチから創り上げようと思ったら

 

それがビジネスであれ恋愛であれ、

「地道すぎる苦難」「牛歩の歩み」「3歩進んで2歩下がる」

としか思えないような時期は、必ずやってくる。

 

それをすっ飛ばせたら、と何度も思うけど…

 

残念ながら。やっぱり。結局。

たゆまぬ努力しかない。

というのは、34年生きてきてなんとなく分かった。(極端なショートカットを望むとロクなことがないということも…)

 

ホームランや確変は、

たゆまぬ努力と運と徳を掛け合わせた先にしかない。

 

f:id:moriakiko0119:20180417191052j:image

 

そうすると、

やはり、

地道で(ちょっとイバラな)道のりを進むには

友が必要だ。

 

共に歩む、友が。

 

1人じゃ孤独すぎる。

 

励まし合ったり、笑い飛ばしたりしながら

地道で(ちょっとイバラな)道のりを歩いていこう。

 

「定期的な運動」を全くしていなかった私が、生活のルーティンに完全に組み込むまでの話

明けましておめでとうございます。今年も良い年になりますように。

 

さて、新年になったということで、抱負的なものを掲げている人も多いと思う。

ダイエットや運動について気にしている人もいるのかな?


実は5年ほど前まで、私は「定期的な運動」を全くしていない大人だった。

 

遡ること約25年。

小学生の時の最も嫌いな授業は「体育」というぐらい、もともと運動は苦手だし好きでなかった。

 

いま思うと、小学校のあの体育の授業は、なんだったんだろうと思う。
冬の寒い時期に半袖とブルマで外に出されて
足の細い太いが嫌でも目に入るし
走るのが遅くてドッヂボールが嫌いだと、もう好きになる要素があんまりない。(ちなみに50m走で10秒台でした。100mじゃないよ)

 

大学では、女子大生らしく(一応)テニサーに入ってみたものの
運動神経が悪すぎて、ワンバウンドのボールを打ち返せないという致命的な状態だったので、
4人でラリーをしても、いつも私のところで終わるという…
結局、「テニスが出来なすぎる」という理由により、1年で私のテニサー人生はあっけなく終了した。

 

こうして、私の脳内では順調に
「運動=嫌なもの」という強烈な刷り込みが出来上がり
好きなスポーツとか聞かれても何も答えられなかった。

 

しかし、社会人になっていつも困っていたのは
「定期的な運動って何かしてる?」という質問。

 

ハッキリいって何もやっていなかったので、
聞かれる度に素直に「いいえ。何もやっていません」と答えていたのだけど
薄々、「自分、大人としてどうなんだろう…」と感じていた。

気付かないようにしてたけど、いよいよ差し迫ってきた。

 

「定期的な運動」
これを否定する人に出会ったことがない。

 

大量の水を飲むべしと言う人もいれば水太りに注意とか言う人もいるし
野菜は生が良いと言う人もいれば茹でた方が良いと言う人もいるし
サプリに関してはもう、うんざりするほど各々が持論を持っていたりするけど
「定期的な運動」に関して、これほど誰もが「うん、必要だよね」と肯定する存在もないんじゃないかと思う。

 

筋力…
体力…
免疫力…
ストレス発散…
人生100年時代…

 

短期的にも中期的にも長期的にも
どこからどういう角度で検討してみても
「定期的な運動」が不要っぽい要素が見当たらない

 

ボス…こりゃ完全に白ですぜ…(誰)

 

これほど「やるべき理由」が揃った中で
今なお、頑として運動しない自分。

逆に意志強いな!と言いたくなるが
いかんせん、自己肯定感の育たない具合はヤバい。

 

それまでの私も、「定期的な運動」を好きになるかもしれないチャンスは、なかったわけじゃない。


ゴルフ好きの部署メンバーにいきなりコースに連れ出されて、握り方も分からないままボールをたまたま飛ばせた時は嬉しかったし、うっかりゴルフウェアとゴルフセットも購入。(えっ)
会社の近くのジムを契約して、汗だくのガチムチ男性の隣で走ってみたこともあった。

 

しかし、どの運動も、どうも好きになれなかった。

 

マズいっす…ボス…(誰)

 

 

大事なものを大事にできない人は、最終的に悲しい結末を迎えると思っているのだけど
大事なものというのは2種類あって、
それは「放っておいてもどんどんやりたいこと」と「自分を慣れさせる必要があること」。

 

私にとっての「定期的な運動」は完全に後者で
どうにか自分に「定期的な運動」の必要性を説き、深く納得させ、習慣化までの少し険しい道をどうにか楽しげに進ませる必要があった


こういう時に私が強いのは、自分の特性を無視せずに進められるところだ。

 

世の中には色々と成功本が溢れているけれど、
大事なのは自分に合った方法を選ぶこと。
自分がどうやったら動くタイプなのか把握しておくこと。

 

自分が全くストイック系じゃないのに
ストイック系の方法をやろうとしても挫折するのは目に見えている。


運動に関して、私が私について取得していた情報はこんな感じだ。

 

■競争意欲・勝利意欲がほとんどない
→集団の中で勝つ系じゃないのが良い

 

■目標達成意欲がほとんどない
→◯kgあげられた!◯秒達成した!系じゃないのが良い

 

■単調な動きは飽きる
→ひたすら走る、ひたすら漕ぐ系じゃないのが良い

 

■日焼けしたくない
→室内

 

■完全に自分だけの都合で日程を決めたい、じゃんじゃん日程変更したい
→チームスポーツはNG、気まずいからパーソナルトレーナーも避けたい

 

■気持ち良いのが好き
→略

 

■おっぱい減らしたくない
→略

 

■コストはお安めでお願いします
→略

 

■運動するまでに長い準備、遠い道のりがあると萎える
→装備系じゃないのが良い、電車乗りついで皇居とか行くの厳しい

 

そんなわけで、私なりに辿り着いたのが
家から徒歩10分のヨガ&ピラティススタジオ。

 

f:id:moriakiko0119:20180107232226j:plain

※ムチムチと凹凸の肉体バランスを追求しています

 

 

ヨガ&ピラティスは、気持ちよくてけっこう好きかも?というのは、以前ジムに通っていた時に体験して感じていた。

 

やったことある人は分かると思うけど

ヨガは徹底的に自分と向き合い、

周りの人とも過去の自分とも比べずに、

ただひたすら、今の自分を味わうという類のもので

 

ストレッチ要素を入れて筋肉や股関節を柔らかくしたり

インナーマッスルを鍛えたりするので

女性らしく引き締まった肉体に近付くことができる。 

 

少し汗ばむぐらいの動きを連続した後で最後に5分ほど行うシャバーサナは

MAXリラックスできて、

自分の中にエネルギーが巡るのを感じる。

 

このスタジオはWebで自由にレッスン予約・変更ができて
月4回で4,800円というお財布への優しさ。

 

先生も皆いい人だし可愛いし
女性限定でシャワーもないので
皆、土日の朝はテキトーな格好してスッピンで来る。

 


私の前述の性格にピタリとハマり、
土日どちらかの朝に行くようになってから、なんと4年も継続している。

 

最初の1年は行ったり行かなかったり安定しなかったが
やはり月額制というのはお金をドブに捨てたくない人種にとっては良い強制力になっていて
今ではすっかり週のルーティンに組み込まれている。

 

昔に比べれば、だいぶ身体は柔らかくなったし
肩こりが激減したし(これは嬉しい)
体脂肪率もだいぶ減った。

 

土日どちらか仕事がない日などに
ちょっと早起きしてヨガって、帰りに美味しいパンでも買って
家でゆっくりスープとパンのランチとかしてると
とんでもなく充実した休日感がある。
(その後にデートとか控えてたら、もうもう…!)

 

おかげさまで今では
「定期的な運動って何かしてる?」という質問が来ると
「ええ、していますよ!ヨガなど!」と完全ドヤ顔で答えることができる。

 

そういう質問が来ないかなと若干待ち構えてさえいる。←

 

私が予想していた通り、
定期的な運動とか読書とか掃除とか、
どう考えてもやった方がベターだよねと思えることを自分がちゃんとやれていると、自己肯定感が超高まる

 

自分えらいえらい、ってなる。
えらすぎるから、先日は大量にヨガウェアを購入した。←

 

時には、忙殺されてる系の人から

「すごいね!自分はちゃんとやれてなくて…」と羨望の眼差しを受けたりすると、もうムフフだしエヘヘだしビリビリする。

快感物質ブシャー!

 

ゴルフもマラソンも、ましてやトライアスロンなんて興味が全く湧かなかった私も(トライアスロンとかすごいよ。尊敬でしかない。やらないけど)

ついに「定期的な運動」のある生活を手に入れることができた。


40年後ぐらいの私は、きっと私に感謝するだろう。

 

 

「定期的な運動」やらなきゃ状態だった人は、ぜひこの機会に。

 

 

 

<過去記事> 

 

 

採用媒体屋さんや採用イベント屋さんに「何人採用できるの?」とか聞く人事は終わってる

超売り手市場の昨今。
採用目標人数が全然いかない!と右往左往する人事が多いと聞く。
うちは2018新卒に関して、5~10人目標のところ、無事に15人の内定承諾をいただき(かなり上ぶれた)
7月ぐらいからすでに2019新卒に向けて動いている。

 

なんでそんな上手くいったのか?
それは機会があればまた別の記事で書くとして…


人事の仕事をしていると、毎日いろんな会社さんとお会いする。
採用媒体、採用イベント、新卒紹介、採用コンサル、パンフレット、WEB、動画…

 

で、驚くことに、
採用媒体屋さんや採用イベント屋さんは、しばしば
「これで何人採用できるの?」と人事から真顔で聞かれるらしい。

 

そして、その時用の答えもいちおう用意しているらしい。
「だいたい2名ほどが平均となっております…」

 

とんだ茶番だ。

 

採用上手くいってる会社と採用ダメダメな会社の平均とって何になるというのだろう。

「去年はこのイベントだけで5名採用できた会社様もいらっしゃいます。」

 

これまた、とんだ茶番だ。


上手くいった会社があるのはめでたいし、そういう可能性があるのは素晴らしいけれど
あくまで個社事情。
自社には全然関係ない。


会議室で真顔で繰り広げられる、大人の茶番トーク

採用媒体屋さんや採用イベント屋さんも、これが茶番というのは十分わかっているのだ。
でも、そういう質問をしてしまう人事がいるのも理解してくれている。(たぶん)


なぜなら
世の中のほとんどの会社は「採用単価」という基準があって
1人あたり50万円におさえろとか70万円におさえろとか80万円だけは超えるなとか
そういうラインを意識している人事が多い。

 

ちなみに昨今の新卒紹介は1人80万円がデフォ。
数年前まで、この単価ってエンジニアぐらいだったと思うのだけど
今は非エンジニアでも非MARCHでもこの金額で驚いた。
あっぱれ売り手市場。

 

で、
「採用単価を削減すればするほど良い」、という考え方の経営者だった場合
人事は、そこを徹底的に詰められることになる。

採用単価の引き下げがダイレクトに人事の評価に繋がったりもする。

 

 

ちなみに

いま私が新卒採用やっている会社は、かなり十分に予算を用意してくれるし
採用単価をとにかく下げようっていうスタンスの会社じゃないので
人事が「経費削減屋」にならずに済んでいる。(ほんと良い会社)


もちろん大枠の予算はあるけれど、
新しい媒体もイベントも、人事が「やってみたいんです」と言えば
かなり心広くOKもらえる。(ほんと良い会社)

 

媒体なりイベントなり出るんであれば、
それぞれ1人は採りたいねっていうのはあるけどね。じゃないと次年度使いようがないし。

 


あ、
いちおう採用単価について説明すると、
採用単価=採用にかけたお金/採用人数

です。

 

ちなみに
採用人数に入る数字は、会社によって内定者数だったり内定承諾数だったり入社数だったりする。

本来なら当然、入社数で割るべきなんだけど


新卒採用というのは内定出してから実際に入社するまで1年近くタイムラグがあるという特徴がある。
つまり、成果がなかなか具体化しないということ。

 

しかし人事は
「今年の振り返り」「次年度の採用方針」というのは入社を待ってられないので
どこのフェーズの数字をとるかは都度変わってくる。


まあでも…私が思うのはやっぱり
採用媒体屋さんや採用イベント屋さんに「何人採用できるの?」とか聞く人事は終わってる。

 

お門違いも甚だしい。

 

採用媒体屋さんや採用イベント屋さんはあくまで、
学生集客したり接点作るのがお仕事であって
その後に何人が選考進んで何人が採用できて…

って知ったこっちゃないでしょ。

 

これ、完全に人事の仕事だから。

 

会社の魅力付けができてないから採用できてないんでしょ。
現場の協力がもらえないから採用できないんでしょ。
人事の仕事を、他社になすりつけるなっていう。

 

そんなに怖いなら採用保証とか成功報酬のサービス使えばいいわけで
でもこれらは前述の通り、1人80万円とかするので
高くて使えない(会社から使わせてもらえない)ってことで、こういう質問する人事が出てくるんだろうけど。

 

「平均2名採れるそうです」って上にプレゼンして
実際採れなかったら「2名採れるって言ったじゃないか!」って他社に怒りだしたりするんだろうか。。。
だとしたら終わってる。


これが恋愛なら全然違う。

 

イベント主催者に、参加者がこんな質問してきたらどうだろう。

「俺、何人ぐらいと付き合えるかなあ」

 


「知らんわ!!!」って話である。

 

何人ぐらい来るの?とか、どんな子が来るの?ならまだしも
何人と付き合えるか?とか主催者に聞く質問かよ!
そこ、完全に自分のがんばり次第だろ!!!という。


主催者も

そんな他責だから付き合えないんだろ!
万年非モテ野郎!!!
せいぜい靴でも磨いとけ!!!

と言いたくなる。

 

しかし、こんなアホみたいなことが
採用だとまかり通ってしまうのである。

(ちなみに私は、イベントや媒体でどういう魅せ方が刺さるか等は営業さんにめっちゃ聞く。イベントや媒体によって、働きやすさが響くケースもあれば、思いやビジョンが響くケースもある。)

 

 

f:id:moriakiko0119:20171006171501j:plain

*人事は人事の仕事をしよう

 

 


しかし、なんといっても、まあ…

悲しいことに
立場が弱い人事は本当に弱い。

 

そもそもコストセンターだし
経営者が「採用大事!」とか言いながら言動不一致なケースは往々にしてある。
(「ごめーん急にアポ入ったから最終面接は誰かにやってもらって」とかね…地獄です)

 

キラキラ人事みたいな人はけっこう稀
経営者からも現場からも協力をもらえず、結果だけ詰められるという
肩身が狭い思いをしている人事が、世の中たーーーーくさんいる。

 

基本的に私は、人を採用する費用を無限にケチりたい経営者とは馬が合わない。
ので、そういう会社とは一切仕事しないのだけど
(そういう会社は5人採用してもすぐ4人辞めるみたいな環境だったり、優秀な人しか売上出せない仕組みだったりして略)

 

ちゃんと予算用意して、ちゃんと社内で採用目線合わせして、ちゃんと自社の魅力を言語化できれば、
採用って、できると思うよ。

 

 

以上。

 

 

「採用を相談したい!」と思った法人の方はこちら

 

「いろいろ相談したい!」と思った個人の方はこちら

 

 

10月から時間が少しできたこともあり、
公式に(?)サービスメニューを作りました。

 

基本的に、今の生活で私は完全に満足していて
休日も暇な時間も、ブログ書いたりデートしたり映画観たりですぐ埋められてしまうので
そんなに格安サービスなワケでもないんですが
何かやりたい方、気になることがある方はぜひ。

 

個人向けメニューについては、今後徐々にサービス詳細説明は書いていきますが
読んだら何やるかイメージつく感じにはなっているので、&あまり大人数は対応できないので
今の情報源でピンとくる人はお先にどうぞ。

 

 

過去記事いろいろ

motokano.hatenablog.jp

motokano.hatenablog.jp

 

カリスマ人事なんて、いらない。

カリスマ人事になってしまわないように、気をつけている。


まるでなろうと思えばなれるみたいな言い方なのでイラっとさせたら申し訳ないのだけど
ちょっと聞いてほしい。

 

私が今ここで言うカリスマ人事というのは、
魅力的な人材を口説き落とせる、カリスマ的な魅力を持った人事のこと。

 

今のご時勢、超売り手市場。


いいなと思った人材は5社10社から当たり前のように内定もらう時代なので
会社にとってはこういう人が人事やっていたほうが戦力にはなると思うのだけど。

 

もちろん魅力的な人材に振り向いてほしい。
こっち来てほしい。

他社なんか、かなぐり捨てて

こっち来てほしい。

 

でも
人事が、人事の魅力で引っぱることは、あまり本質的でない気がしてならない。

 

というのも、その優秀人材が人事の人柄に魅了されて入社したとしても
入社後まで手厚く面倒見るわけにいかないからだ。

 

採用人事というのは、採用が仕事。
入社後研修に関わることは多少あっても、本業は採用。
1つの採用が成功すれば、また次の採用だ。

 

人事としての採用ならいざ知らず、
「現場」が別にある状況で
人事があまりに強い魅力付けをしてしまうことは、入社後のギャップを生むことになりかねない。


自分が口説いて、
「人事が魅力的だったのでこの会社に決めました」と言われれば
それはもう自己重要感タプタプになるけれど

 

中途にしろ新卒にしろ
彼らが惚れ込むのは、人事ではなく「現場」でなければならない。


人事は、ずっと一緒にいられないのだから。

 

 

f:id:moriakiko0119:20171005200101j:image

 


私は、
3回の面接と2回の社長会食を経て、正社員で入社した会社を2ヶ月で辞めた事件というのがあるのだけど


それは私の人生の中でも割とセンセーショナルな出来事で
人事としても興味深い。(←もはや客観視)

 

あれから度々、「どうしてそんな早期退職することになったんだろう」と考えていて
いくつか(というか、ものすごくたくさんの)原因がある中で1つピックアップするならば


惚れ込んだ人と「現場」でまったく関わらなかった、ということがあると思う。
(諸事情により、オフィスで会うということもほとんどなかった)

 

そして実際に「現場」で一緒に働くことになった、採用担当の人は残念ながら大嫌いになってしまった。


その人から言われた数々の言葉はすべてメモってあるけれど
見返すだけで、もれなくイラっとしてくる。
でも良いネタになるのでずっと保存しておく。

 

最終面接をしてくれた女性副社長に関しては
今でも素敵な人だと思っていて
だから会社名を挙げて盛大にdisったりは(オンライン上では)しないことにしているのだけど

 

今思い返すと、あの時
「現場」で関わるのがその人だったら、2ヶ月で辞めることはないだろうし


「現場」で全然関われないのであれば、

本当はあそこで自分はモチベートされてはいけなかったのだ。

 

そんな経験があるので、
私は、人事の人間力で引っ張ることはしないように気をつけている。
人間力で魅了するなら「現場」の人。

 

忙しい「現場」の人に協力してもらえる人事、
忙しい「現場」の人にお願いを聞いてもらえるような人事になれるよう、

力を注ごうと思う。