読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう1つの可能性 -自営的キャリア-

キャリア・人生・旅・恋愛を軸に、人生のおもしろみを提案するブログ。

【仮説】自信をつけるには、「私は自信がある!」と唱えていても全く意味がない。

自信をつけるには?

自信をつけるには?

自信をつけるには!?

 

 

 

ワタクシ、ずっと、ずーっと悩んでまいりました。

私にとって永遠の命題とも思えた、この課題。

 

 

自己啓発書にはですね。

ほぼ必ず「アファーメーション」という項目があって

 

「『私は自信がある!』と起きがけに叫ぼう」というようなことが書いてあります。(マジで書いてある)

 

 

「本気で言ってんの?」と思いながら、実際私も試してみたことはあります。(←割と素直)

 

 

でも、

私の見解では

 

「私は自信がある!」と唱えていても

 

 

 

 

まっ・・・・・・・・・・・ったく意味がない。(だって実感ないから)

 

 

 今回は

私が最近持っている仮説を、早々にお伝えします。

それは

 

 

 

 

「自信がある人じゃなきゃやらないだろう」と思える行動をするということ。

 

 

 

もっと言うと

 

 

 

「痛い」行動をすること。

 

「そんなの無理!」と思う行動をすること。

 

 

 

 

それが今回の私の仮説。

 

 

 

私が

私には無理!痛すぎる!と思う行動は3つあって

  

 

1,自撮りをする

 

「じどり」と打つと「地鶏」と出るような私ですよ。(爆)

 

 

面白い服を見せるならともかく。(水着とか)

友達と一緒ならともかく。

髪切った直後とかならともかく。

 

なんの理由もないのに、自分の顔のアップを載せるなんて

しかも延々と載せ続けるなんて

私には狂気の沙汰だった。

 

 

人によっては「水着をさらすほうが狂気の沙汰だろ」と思う人がいるのは

よくよく分かってます。

 

f:id:moriakiko0119:20160202225401j:plain

(※分かってます)

 

 

でも世の中というものは、人それぞれ恐怖の対象が違うものです。

 

私は面白い水着を晒すことよりも、意味なく毎日顔アップを晒すほうが断然キツかった。

 

よっぽどの美人ならともかく、

そうでもない人が自撮りを延々と挙げているのを見ると

正直言って私はゾッとしました。

もうホント、末恐ろしい気持ちになった。

 

私はそんなことは無理!

恐怖を感じるほど抵抗感があった。

 

ので、まずはここから攻めました。

 

f:id:moriakiko0119:20160202232856j:plain

f:id:moriakiko0119:20160202232831j:plain

 

それが今朝の「意味のない自撮り」2連発です。(痛いよーイタタタ)

 

 

 

2,過去の恋愛を公に語る

 

はい。女同士では死ぬほどやってますけども。

 

笑い話とか痛かった話ではなく

リアルに過去の恋愛話を語るのは私にはかなり痛い、リスクがある(=ので、やらない)と思っていました。

 

でも、知人のHヤカワさんが最近

リアルな恋愛沙汰を公開しているのを読んで

 

私は読者として素直に「もっと読みたい!!」と思ってしまったのでした。

 

これは近々、大昔の1つぐらいやってみようかと思う。 

 

 

3,自分で(そこそこの値段の)サービスを作り、自分で売る

 

私、「これは良い」と思ったサービスを売るのはけっこう得意です。

 人が作ったサービスね。

 

 でも自分でそんなレベルのサービスは作れる気がしないなあとか、

それを自分で売るなんてムムムとか思ってました。

 

 

こんなの、自分に自信がある人とか、スゴい人しかできないでしょって。

 

でも、

自信がついてから作ろうと思ってたら…たぶん私はソッコー老婆になってしまう。

なのでこれも…近々チャレンジ。します。

 

 

 

 

【仮説】

 

自信をつけるには、「私は自信がある!」と唱えていても全く意味がない。

自信をつけるには、「自信がある人じゃなきゃやらないだろう」と思える行動をするということ。

 

さあ果たして

それによって自信はつくのでしょうか!?

 

 

 

 

 

乞うご期待。